司法書士・土地家屋調査士・行政書士--森三五郎事務所
司法書士・土地家屋調査士・行政書士 森三五郎事務所

 

「土地家屋調査士」とは?
あまり耳にする機会の少ない「土地家屋調査士」ですが、何を行うのでしょう?
こちらも「土地家屋調査士法」を見てみましょう。その法第3条(業務)に、
土地家屋調査士は、他人の依頼を受けて、次に掲げる事務を行うことを業とする。
@ 不動産の表示に関する登記について必要な土地又は家屋に関する調査又は測量。
A 不動産の表示に関する登記の申請手続又はこれに関する審査請求の手続についての代理。
B 不動産の表示に関する登記の申請手続又はこれに関する審査請求の手続について法務局又は地方法務局に提出し、又は提供する書類又は電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。第五号において同じ。)の作成。
C 筆界特定の手続(不動産登記法 (平成十六年法律第百二十三号)第六章第二節 の規定による筆界特定の手続又は筆界特定の申請の却下に関する審査請求の手続をいう。次号において同じ。)についての代理。
D 筆界特定の手続について法務局又は地方法務局に提出し、又は提供する書類又は電磁的記録の作成。
E 前各号に掲げる事務についての相談。
F 土地の筆界(不動産登記法第百二十三条第一号 に規定する筆界をいう。第二十五条第二項において同じ。)が現地において明らかでないことを原因とする民事に関する紛争に係る民間紛争解決手続(民間事業者が、紛争の当事者が和解をすることができる民事上の紛争について、紛争の当事者双方からの依頼を受け、当該紛争の当事者との間の契約に基づき、和解の仲介を行う裁判外紛争解決手続(訴訟手続によらずに民事上の紛争の解決をしようとする紛争の当事者のため、公正な第三者が関与して、その解決を図る手続をいう。)をいう。)であつて当該紛争の解決の業務を公正かつ適確に行うことができると認められる団体として法務大臣が指定するものが行うものについての代理。
G 前号に掲げる事務についての相談。
んんん〜〜〜これまた法律の文章って難しいですね。
 
少しだけわかりやすく、書いてみますね。
 あなたの重要な財産である土地や建物は、法務局(登記所)にある登記簿に記載することにより、その権利が保全されます。
 そこで昭和25年、立法により土地家屋調査士法が制定され、所有者に代わって不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は建物の調査、測量、申請手続又は審査請求の手続を主な業とする土地家屋調査士が誕生しました。
 土地家屋調査士は、お客様の依頼によってその土地や建物がどこにあって、どのような形をしているのか、また、どのような用途に使用されているかなどを調査、測量して図面作成、申請手続などを行う測量及び法律の専門家です。
 
日常生活の中で、下記にあるような事が発生したら、ご相談ください。
土地を分割したい。・・・相続等で兄弟・姉妹で土地を分けたい。
土地の地目を変更したい。・・・農地転用後に建物を建てたが、地目が畑のままだった。
建物を新築した。
建物を増築した。・・・子供が大きくなったので子供部屋を増築した。
建物を取り壊した。・・・古くなった建物を取り壊して、建て替えをしたい。
複数の土地を一つにまとめたい。
 
その他にも、次のような事項が考えられます。
お隣さんとの土地の境界が分からない。
いつのまにか境界票が無くなっている。
登記簿と実際の面積が違うようだ。
お隣さんから、境界の立会いをして欲しいと頼まれた。
 

上記に示した事例以外にも、「土地」や「建物」について、ご不明な点がありましたら

お気軽に「森三五郎事務所」まで、お問い合わせください。

 

 

司法書士 - 土地家屋調査士 - 行政書士 - 業務内容 - 事務所概要 - 所在地
Q & A - お問い合わせ - 個人情報保護 - リンク集 - サイトマップ - TOP

Copyright (C) 2009 mori35ro-office All Right Reserved