司法書士・土地家屋調査士・行政書士--森三五郎事務所
司法書士・土地家屋調査士・行政書士 森三五郎事務所

 

当事務所では、次のような業務を行っております。
 
◎ 司法書士業務
■不動産登記
 土地や建物などの不動産の所有者は、法務局に備え付けの登記簿を見なければ分かりません。不動産は高額で、その登記手続きは複雑です。又担保がついていたり、差し押さえがあったりと注意しなければならないことが多 くあります。
 一般的に不動産と言えば財産の中でも高額なものです。不動産の取引、売買に当たっては売主、買主の利害の相反する立場の中で、公正中立の立場に立って担保権の抹消、所有権の移転、買主のための新しい担保権の設定等、その真正なる登記手続きの代理をつかさどるのが司法書士です。
 又売買だけでなく不動産の所有者が亡くなれば相続が発生し、その相続による所有権移転登記手続きを行うことになります。相続人の一人が蒸発、行方不明のときは、不在者の財産管理人の選任申立てをしなければなりません。相続人の調査、必要書類の作成等、司法書士はその道の専門家です。
 
「不動産登記業務の事例」
売買・・・土地や建物を購入した。
保存・・・建物を新築した。
相続・・・所有者に相続が発生した。
贈与・・・相続対策により生前贈与を行った。
住所・氏名の変更・・・登記後に住所や氏名に変更があった。
抵当権の設定・・・銀行から住宅ローンを借りた。資金調達に担保提供した。
抵当権の抹消・・・銀行から借りたローンを完済した。
 
法人登記
 会社とは、設立登記をすることによって法により法人格を与えられ、法人となることができ。自然人と同じように権利、義務が認められ運営されていきます。 
 会社の取締役等の役員の変更、本店の移転、事業目的の変更、資本金の増減額等会社のその後の変更登記手続きにも関与していくことになります。 
 
「法人登記業務の事例」
法人設立・・・株式会社を設立したい。
役員変更・・・取締役等役員に変更があった。
商号・目的の変更・・・会社の名称や事業種目に変更があった。
本店移転・・・本店所在地を変更した。
支店設置・・・業務拡大にて支店を設置した。
増資・・・資本金を増加した。
解散・清算・・・会社経営を取りやめた。
 
■供託
 供託と言えば、代表的なものは家賃の値上げ等に伴う弁済供託です。家賃値上げに伴う貸主の受取拒否で、貸主が受取拒否したとしてそのままにしておくと賃貸借契約が解除されることになりかねません。そのときに現状維持の効果を発生させるのが供託です。
 法務局に対して供託手続きをお手伝いするのも司法書士の仕事です。
 
 
◎ 土地家屋調査士業務
 土地家屋調査士は、お客様の依頼によってその土地や建物がどこにあって、どのような形をしているのか、また、どのような用途に使用されているかなどを調査、測量して図面作成、申請手続などを行います。
 
「土地家屋調査士業務の事例」
土地を分割したい・・・ 分筆登記
土地の地目を変更したい・・・ 地目変更登記
建物を新築した・・・ 建物表示登記
建物を増築した・・・建物増築登記
建物を取り壊した・・・建物滅失登記
複数の土地を一つにまとめたい・・・合筆登記
お隣さんとの土地の境界が分からない・・・ 境界立会い
いつのまにか境界票が無くなっている・・・境界立会い ・境界票設置
登記簿と実際の面積が違うようだ・・・実測面積測量
お隣さんから、境界の立会いをして欲しいと頼まれた・・・ 境界立会い
 
 
◎ 行政書士業務
依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続きの業務へと移行してきており、高度情報通信社会における行政手続きを行います。
 
「官公署に提出する書類の作成とその代理、相談業務」
農地転用等の許可申請
飲食店営業許可申請、風俗店営業許可申請
産業廃棄物処理業、自動車解体業許可申請
建設業許可申請
 
「権利義務に関する書類の作成とその代理、相談業務」
遺産分割協議書の作成
各種契約書の作成・・・(売買契約書・贈与契約書・和解契約書など)
内容証明書の作成
定款等の書類作成
 
「事実証明に関する書類の作成とその代理、相談業務」
遺言書の作成
遺産分割協議書の作成
公正証書の作成補助
 

上記に示した事例以外にも、ご不明な点がありましたら

お気軽に「森三五郎事務所」まで、お問い合わせください。

 

 

司法書士 - 土地家屋調査士 - 行政書士 - 業務内容 - 事務所概要 - 所在地

Q & A - お問い合わせ - 個人情報保護 - リンク集 - サイトマップ - TOP

Copyright (C) 2009 mori35ro-office All Right Reserved